« 長谷川V7!・・・。 | トップページ | 全国大会・・・。 »

早期許認可を・・・。

今日は真面目な話を・・・。

今日の新聞記事で気になったことで、

抗睡眠薬サリドマイドが多発性骨髄腫の治療薬として

認可の予定となっていました。

みなさん一度はこの薬の名前を聞いたことがあると思いますが、

昔、サリドマイドは重大な薬害を引き起こし、

妊婦が服用したため、その子供さんが重大な障害を持って

うまれたと言うことが多発しました。

その後、サリドマイドは認可を取り消され、

長らく日本の薬剤から葬り去られていました。

しかし、欧米などで、多発性骨髄腫の治療に有効と

認められ、近年脚光を浴びるようになりました。

日本でも多発性骨髄腫の患者さんにとっては

待望の薬だったのです。

いままでは患者さんは自費治療という制約の中、

医師の協力の下、

個人輸入という形で服用されていました。

今回製薬会社はサリドマイドを認可してもらう中で、

細かい制約を設け、申請しました。

(妊婦や妊娠の可能性のある患者さんには使用しない、

薬剤管理の徹底や厳しい在庫管理など)

サリドマイドが不幸な薬害を起こしたのは

十分認識しなければいけないですが、

不治の病と言われる癌患者さんにとって、

使用できる抗がん剤が増えるのは朗報です。

はっきり言って現在の日本のがん治療は、

手術は世界レベルに達していますが、

抗がん剤の使用では、まだまだ後進国と言わざるをえません。

世界では標準となっている抗がん剤が未だに認可されていない。

これは不幸なことです。

今までの例では、すい臓がんのジェムザール、

大腸がんのオキサリプラチンなどたくさんありました。

厚生労働省の早期認可をこれからも希望します。

それと、今回のサリドマイドの認可にあたって、

薬害にあわれたサリドマイド被害者の患者さんたちが、

苦渋の決断をされて、

認可を認めたという経緯があるそうです。

その方たちの思いを十分に汲み取って、

ぜひ、制約をキチンと守り、適正な使用を心がけて

頂きたいものです。

サリドマイドが多発性骨髄腫の患者さんに、

治療の光りとなりますように・・・。

|

« 長谷川V7!・・・。 | トップページ | 全国大会・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114660/24595573

この記事へのトラックバック一覧です: 早期許認可を・・・。:

« 長谷川V7!・・・。 | トップページ | 全国大会・・・。 »