« いよいよ近畿大会! | トップページ | 回収そして漏電・・・。 »

近畿大会準優勝でした!

皆さん、更新が遅れてすいません。

で、2007理容師メッセージ近畿大会の結果ですが、

惜しくも準優勝でした。

優勝して全国大会を目指していたのですが、

力及びませんでした。

応援してくださった多くの皆さん、

本当にありがとうございました!

当日の模様と後日談ですが、長文になります。

心してお付き合い下さい。

早朝5時半に起床。

シャワーを浴びて身支度を整え、会場の大津プリンスホテルへ・・・。

070709_091901 開会式の模様です。

緊張度が増してきました。

でも、会場は

エアコンが効きすぎて

寒かったです。

開会式が終わって、発表順の抽選。

2番でした。

ワタクシはトリが欲しかったのですが、

生来のくじ運の悪さが出ました。

メッセージ競技開始まで

かなり時間があるので、休憩用に部屋をとりました。

その後、ヘアメイクを頼んでいた姫さんとはるきち君と合流。

食事後、3部競技に出場のM君の応援に再び会場へ。

M君、がんばってました!

途中でワタクシは部屋に戻り、シャワーを浴びて

衣装チェンジ。

うーやんも来てくれました。

姫さんとはるきち君もヘアメイクのために部屋に。

髪もメイクもバッチリに仕上げてもらいました。

また、Wakaさんも駆けつけてくれてみんなでしばし談笑。

最終調整も済ませ、会場へ。

いよいよメッセージ競技です。

衣装は衛生消毒が論旨なので

お医者さん用の白衣を選びました。

人呼んで

「ちっちゃいニセ財前教授(白い巨塔)」。

緊張と興奮が入り乱れ、ボルテージは最高潮。

壇上に上がり、

1番、京都の選手。(おじさん。どっかの副支部長)

内容は組織論と政治のお話。

内容は良し。テンポ良し。

アクセントは関西弁、時々詰まる。

演台に原稿を広げていたが見ず。

2番、ワタクシ。

演台の前に立ち一礼。

いつものとおり、聴衆の注目を集めるため、

インターバルを取る。

5秒、6秒・・・。

スタート!

いつもの練習のとおり、抑え気味で開始・・・。

アクセント、標準語。間違えなし。

表情、論旨の内容ごとに変える。

言葉の抑揚、オッケー。

身振り、手振り、大丈夫。

クライマックス、声量は最高潮。

論旨の間違いは無し。

今までの最高の出来!

終了!

タイムは5分13秒、オーバー無し。

すべてが満足の発表だった。

そして3番、滋賀の選手。

論旨は前回と違って変更。

しかし、いい間違いあり。

アクセント、関西弁。講演口調。

4番、京都の選手。(おじさん)

内容は地域密着の活動。

アクセント、関西弁。一本調子。

(あくまでもワタクシ以外の選手の講評は独自で書きました。人によって違う

感触があると思いますので、その点ご容赦ください。)

競技終了。

壇上から降り、会場横の廊下でへたり込む。

力尽きた!全力を出し切った!

そこへ、昨年指導でお世話になったU先生が・・・。

お顔を見るなり、涙が・・・。

「よくがんばったねぇ!素晴らしいメッセージだったよ!

大丈夫!あれだったら全国に行けるよ!」

とU先生、お褒めの言葉をいただく。

U先生が、「K先生とは会った?」と言うので、

「いいえ、まだなんです。出会えてないんです」

と言うと、

「ちょっと待ってて、呼んでくるから!」

そして、ほぼ8ヶ月ぶりにK先生と再会。

ワタクシ、このK先生やU先生からメッセージ競技の

ノウハウを指導していただいた。

K先生は、

「よくここまで勉強されましたね!ビックリしました!素晴らしいメッセージでしたよ!

減量も守られて・・・。髪型もメイクもコンタクトまで・・・。昨年とは別人みたい・・・。

スゴイ!」

と絶賛。

そういわれると今までのナントカも忘れ、不覚にも号泣。

ワタクシ、

「先生、アクセントなんかはどうでした?」

と聞く。

「問題ないですよ!アクセントも抑揚も。表現力も良かったし、

ホント、よく独学で勉強されたんですね!大丈夫です!」

U先生もK先生も太鼓判を押してくれました。

この時点でワタクシ、もう確信していました。

優勝を・・・。

笑顔と泣き顔で先生方と別れ、

ワタクシはF君に頼まれていたアトラクションの

カメラクルーに・・・。

これは上手に撮れました。

そしていよいよ結果発表!

審査委員長の講評があり、

メッセージ選手から。

4位、滋賀の選手。

3位、京都の選手。

準優勝、ワタクシ。

優勝、京都の選手。

あれぇ!なんでぇ!

呆然としながらも表彰台へ・・・。

どうやって賞状をもらって降りたのか覚えてない・・・。

意識が戻ったのは写真撮影。

表情に出ないように努めて笑顔をつくろうとした。

うーやんや姫さん、はるきち君、Wakaさん、Zaku君、kiyoさんのいる席へ・・・。

そこで感情が爆発した・・・。

「なんで?原稿まちがってないよ?アクセントも完璧やったのになんで?

表情も付けたし、声もよかった。タイムもオーバーしてなかったのに、

なんで準優勝なん?」

みんな、ワタクシの言葉にどう慰めていいのかわからなかったみたい。

得点表が張り出され、採点は優勝と同点の675点!

???

同点なのに準優勝?

正直、納得がいかなかった。

(規定で同点の場合、本来採点に加わらない審査委員長の採点が加わる。

同点の掲示は審査委員長の採点が加わる前のモノ)

しばらく呆然とするも、役員さんにお詫びを言いに行く。

そして、再びK先生の元に・・・。

「先生、どこがわるかったんでしょう?わかりません、僕には・・・。」

「私も全然わかりません。話し方やアクセント、表情や態度など、

どこも悪いところが見当たりません。なんでなんだろう?

唯一、これかなと思うのは、内容かな?

優勝した人が言った組織論は審査員の受けがいいから・・・。

・・・それしか思い当たらない。」

ワタクシ、「得点は同点でした。」

K先生「えぇっ!同点!どこに得点表あるの?」

「あっちです」

「どれどれ」

得点表まで移動。

「あっ、ホントだ同点だ!これは難しいねぇ。」

通りがかった、大阪のトレーナーのIG先生に評を聞くと、

「私は結果のとおりだと思う。論旨は問題ないと思う。

テンポが問題だったんではないか?

優勝した選手の方がテンポが良かったと私は思うでぇ」

そして、詳細な指導を受ける。

しかし、メッセージトレーナーでも評価が分かれているのだから、

よっぽどの接戦だったんだろう。

受け入れなくてはならない・・・。

圧倒的な差をつけられなかった自分に敗因があると思う。

悔いは無いんだ、ただ応援してくれたみんなに申し訳なくて・・・。

それだけ。

閉会式後、役員の解団式に呼ばれ、一言あいさつをさせていただいた。

大きな拍手と「ようがんばった!」の激励の嵐・・・。

今までの最高の出来。

なのに結果がついて来なかった・・・。

この1年間。

メッセージ大会出場のため、

8キロの減量をした。

髪型も変えた。カラーも・・・。

メガネも表情がわからないと言われてコンタクトレンズにした。

衣装にも凝った。

書いた論旨は原稿用紙5枚弱のセットが10セット以上考えた。

アクセント辞典も買い、出来た原稿をチェックした。

発声練習、腹式呼吸、滑舌や早口言葉、

過去のビデオ・DVDなどでイメージトレーニング。

論旨の時間配分やイメージを膨らます作業。

なんでもやった。

みんなにも協力してもらった。

なのにねぇ・・・。

でも、もう落ち着きました!

綺麗サッパリ気持ちを切り替えて店の営業に励みます!

みなさん!この1年間、数々の応援やご協力本当にありがとうございました!

この場を借りてごあいさつさせていただきます。

うーやん、姫さん、はるきち君、Wakaさん、Zaku君、kiyoさん、F君、M君、

その他、前滋賀県青年部長会のみなさん、理事長以下、常任理事のみなさん、

滋賀県組合実行委員会のみなさん、支部のみなさん、

本当にお世話になりました。

最後に、長文いなりました事、お許しください。

これで2007理容師メッセージへの道のりをすべて終わります。

ありがとうございました!

|

« いよいよ近畿大会! | トップページ | 回収そして漏電・・・。 »

コメント

yoneさんの挑戦を通していろんなことを学ばせてもらいましたし、仲間が一致団結しより絆が深まり、何よりたくさんの勇気をいただきました。我々の方が感謝しています。ありがとうございました。yoneさんのこの1年間のがんばりは尊敬に値します。結果は惜しくも2位でしたが今後の人生にとって大きな勲章になりましたね。
またみんなで風呂いって語り合いましょう!もちろんマックでオールしましょ!!(笑)

投稿: うーやん | 2007年7月11日 (水) 10時48分

『結果ではなくプロセスだ』
などと私が言える立場ではないのですが..。

やれることをすべてやって、最善を尽くした人しか味わえない経験をされたのだと思います。
私のようにやることもやらず、未だにやり残した感を持ちながら次のステップに歩き出せないでいるよりよほど尊い。
きっとここには書けないような、血の出るような努力や苦虫を噛み潰すような経験もされていると思います。
この経験を何かに活かしていきましょう。絶対に無駄にはならないです。
yoneさんの1年を通して自分がメッセージに出場するような気分を味わわせていただきました。
こちらこそ貴重な経験をありがとうございます!

投稿: F | 2007年7月11日 (水) 11時09分

本当にお疲れ様でした。

前日に地元支部として会場準備をしていたら、
「マイクの調子を見に来た・・・」と来られた時にはビックリしたと同時に、yoneさんの意気込みをヒシヒシと感じました。
(お手伝い頂き感謝でした)

当日も、自分の担当時間が終わり、はるきちさん、姫さん、wakaさん、Zakuさんらとメッセージを観戦(さぼり!?)させて頂きました。

僕も確信しておりました・・・。
本当に、本当に残念です。

yoneさんが、落ち着かれているのに・・・ゴメンナサイ


綿密な計画、迅速な行動力、僕にも勇気をいただきました・・・。
本当にお疲れ様でした・・そして、ありがとうございました。。

投稿: kiyo | 2007年7月11日 (水) 12時17分

お疲れさんでした。K先生と握手されてた時は、
こっちも感動で泣きそうになりました。結果は、yoneさんがめざしてたのは、違いましたが、近畿大会、準優勝、すごいことです。またその取り組み方、プロセスも傍で見ていて素晴らしいものでした。こちらも、いい経験をさせてもらいました。ほんまにお疲れさん。

投稿: zaku | 2007年7月11日 (水) 18時34分

長い一日でしたね。
その日の出来事は一生忘れられないのかも。
全国への切符は逃したかもしれませんが
それまでの過程で得たものはとても大きく
素晴らしいものであったと思います。

一歩を踏み出す「勇気」
継続して行うことで得る「自信」
自ら進んで動く「行動力」

これらすべてを実践してきたyoneさん。
将来、この力を発揮する場所が与えられるでしょう。
そのときはぜひ、みんなのためにその力を使って欲しい
と思います。

投稿: waka | 2007年7月11日 (水) 22時45分

みなさん本当にありがとうございます!
みなさんのチカラがあったからこそです。
僕ひとりでは到底ここまでの成績は残せませんでした。
感謝です!
自分がしてきた辛い練習を人に勧めることは出来ませんが、それでも誰かメッセージ競技に関心を持って出場してくらたらうれしいです。
滋賀県初のメッセージ全国大会出場は逃しましたが、
そのうち誰かがやってくれるでしょう・・・。

投稿: yone | 2007年7月11日 (水) 23時40分

近畿大会お疲れ様でした。ここ1~2週間が、1~2ヶ月に思える位内容の濃い時間だったんじゃないですか? 
対戦型スポーツのように相手をやっつけて勝つのではなく、誰かに評価(審査)されて勝敗が決まるものは、なかなかその結果をすぐに納得することは難しいですね。それも、自分は完璧でも数字だけで評価されますからよけいに・・・。  
でも、何かに集中して取り組んでる時って、ほんとオーラが出て大きく見えますよね。僕も見習わなければと実感した一日でした。ほんとお疲れ様でした。 

投稿: はるきち | 2007年7月12日 (木) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114660/7094709

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿大会準優勝でした!:

« いよいよ近畿大会! | トップページ | 回収そして漏電・・・。 »